現金化の相場と特徴|カードの換金ってどうやるの?カード換金は簡単にできる!

現金化の相場と特徴

金利などを考える人

ショッピング枠現金化の換金率の一般的な相場は、80パーセント前後と言われています。 金額によっては90パーセントを超える高い換金率で換金してくれる業者も存在していますので、一概には言えない部分がありますが、80パーセントを大きく下回る場合は相場よりも換金率が低いと言えるかもしれません。 しかし、そもそもなぜ100パーセントにならないのか、疑問に感じる人もいますよね。 その理由は業者の手数料とカード利用時の金利が発生するからです。 ショッピング枠現金化業者は手数料をもらわないとやっていけませんし、銀行などの金融機関も金利によって成立しています。 この二つが発生するのは仕方のないことなのです。 ただし自分で転売して現金化する場合は手数料は発生しませんし、金利分も回収できる可能性もあります。

ショッピング枠現金化という行為の最大の特徴と言えるのは、やはりクレジットカードを発行している金融機関が直接提供しているサービスではないという点でしょう。 銀行や消費者金融が提供している現金貸付のサービスといえば、キャッシングですよね。 キャッシングは直接的に現金を金融機関から借りていることになります。 しかしショッピング枠現金化の場合、金融機関から借りるのは現金化に必要な商品の購入代になります。 金融機関からお金を借りるのは同じであっても、現金を借りているわけではありません。 商品購入代を借りることで、その商品を利用、つまり転売や業者を利用することでできる限り回収することで、結果的にカードのショッピング枠を現金化していることになるのです。 これはショッピング枠現金化の基本中の基本でありながら、最大の特徴と言える点でもあるのです。